So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

Salix OS13.37でSRWare ironを使ってみる [PC]

Salix OS13.37(Fluxbox edition)で
SRWare iron(Chromium派生ブラウザ)を
サブブラウザとして使ってみる。

事前に依存ライブラリを準備しておく。
・slapt-getでseamonkey-solibsをインストール
・slapt-getでgoogle-chrome-pam-solibsをインストール
 →/etc/ld.so.confに/opt/google/chromeを記入しldconfigする。
・SRWare ironをダウンロードしてtar.gzを解凍、実行ファイルをクリック
 http://www.srware.net/en/software_srware_iron_download.php
 現時点でのバージョンは11.0.700.2

ironではなくChromiumブラウザを使うなら、Slacky.euから
パッケージを持ってくるのが楽かも。
ここにあるChromiumの現時点バージョンは14.0.795.0
こちらはseamonkey-solibsを入れるだけで、google-chrome-pam-solibs
は入れなくても起動する。


Salix OS 13.37にvmware tools [PC]

実機にて使用中のSalix OS(13.37 Xfce)だが
13.37の各デスクトップ環境(Fluxbox Ratpoison KDE)
のbeta版が出てきているので、VMwareに入れて
遊んでいる。
しかしSalix OSにVMware Toolsを導入しようとすると
そのままではすんなり入らない。

事前準備
kernel sourceをGslaptで入れておく
#mkdir /etc/pam.d やっておく
インストールに使用するのとは別に
Terminalをもう一つ上げておき
 $top
を流しておく。

この後VMware Toolsのインストールを
普通に実行すると、インストールに続いて
vmware-config-toolsが実行されるが、以下
メッセージで処理が止まってしまう。

Detected Xorg X server version 1.9.5.

Distribution provided drivers for Xorg X server are used.

Skipping X configuration because X drivers are not included.

そしたらtopを流していたTerminalで"mkinitrd"という
プロセスがあるのを確認し、このプロセスをkillする。

vmware-config-toolsが終了したら、起動時に自動で実行
させるため、/etc/rc.d/rc.local辺りに以下を加えておく
/etc/rc.d/init.d/vmware-tools start
再起動実施。

カスタムROM [携帯]

IDEOSにカスタムROMを入れた。
某巨大掲示板をみると、FUSIONideosというのが
評判良さそうなのでこれを入れてみた。
マーケットからROM Managerを入れ
ClockworkMod Recovereyを導入。
とりあえず現在のROMをバックアップ。
その後xdaのフォーラムからUSIONideosv200full.zipを
ダウンロードして、SDカードのルートにおく。
ROM Managerからリカバリへ再起動して
install zip from sdcardえらんで
choose zip from sdcardに進むと。

F.png

かっちょよくなりました。
マルチタッチも出来るようになって
便利になりましたな。


メイン使用のDesire HDは、万一具合が悪くなられる
と困ってしまうので、この手の遊びは当分IDEOSさん
でやっていこう。



無駄遣い [携帯]

2台目android端末として
日本通信版IDEOSの中古を購入
した。

ネットでは電源OFFでバッテリーが
1時間に10%程減るとか、電源が
切れた後充電ができなくなった
とか、恐ろしげな不具合の例を見か
けたので、ちょっと怖かったが思い
きって買ってしまった。

SIMフリー端末ということで
手持ちのe-mobil SIM(赤SIM)入れ
てAPN設定してやり、データ通信と
テザリング出来ることをまず確認。

メインで使う訳ではないので
ためらわずにroot取って
遊ぶことにする。
最初はフォント入れ替え、せっかく
ちっこくてかわいい端末なので
みかちゃんフォントでも入れてあげ
よう。
snap20110524_202306.png

Salix OS13.37 日本語入力 [PC]

Salix OS(13.37 Xfce)を日本語ロケール
でインストールするとデフォルトでの
日本語入力環境はibusになる。
デフォで選べるibus-anthy(m17n)だと
F7キーでの片仮名変換やF9キーでの
アルファベットへの変換が出来ない。
自分はインストール後すぐにmozcを
入れて使っていたので気がつかなかった。

ibus-anthyで使う場合、現在13.37の
リポジトリにはibus-anthyが無いので
souceryから導入する。
最初に
$su
#slapt-get -i swig
してから、souceryでibus-anthyを
検索してインストール。

ibus設定.png

今週は [雑記]

今週は日垣隆さんのtwitterと町山智浩さんのtwitterを、時間のあるたびに見に行っていた。
町山さん喧嘩巧者だな。
そして日垣さんてああいう人だったのか。

depfinder [PC]

Slackwareのパッケージで
依存するライブラリを調べるのに
こんなtoolがあった。
ユーザリポジトリからDownloadした
パッケージ等をインストール前に
確認する場合とかかなあ

depfinder
http://depfinder.sourceforge.net/
上記からパッケージをdownload
してインストール

$ depfinder 対象パッケージ
不足しているライブラリがあれば
その旨表示される。

$ depfinder -p 対象パッケージ
pythonのモジュールを含めて
確認出来る。

試しにDropboxの公式HPから
Fedora用のパッケージをDownloadし
rpm2txzでSlackwareパッケージに
変換。
Salix OS(13.37)上でdepfinderを
使ってみる。

$ depfinder nautilus-dropbox-0.6.7-1.fedora.i386.txz
エラー:パッケージの必要としているライブラリーが、システムにインストールされていません。
libnautilus-extension.so.1
$

使う機会はあまりないよな。



Slackware64で32bitアプリを動かす [PC]

Slackware64にmultilibを
インストールし32bitアプリを
動かした時参照したところ。

Eric Hameleers (Alien BOB)'s Wiki pages.
http://alien.slackbook.org/dokuwiki/doku.php?id=slackware:multilib

Salix OS wiki
http://www.salixos.org/wiki/index.php/How_to_install_multilib

ひさびさに [雑記]

このblogのことずっと
忘れていて、久々に
更新してみようと思いました。

何を書こうかと思い、とりあえず
現在メインで使っているディストリ
であるSalix OS(13.37 Xfce Editionを
Fluxboxにして使用)の事書きました。
それから、これまでメインで使っていた
Slackwareを13.37が出たのを期に
64bit版に入れ替えて見たとか。
少しだけ使ってみたArch Linuxの事とか。
先週SoftbankのDesire HD(001HT)にきた
OTA(2.3.3)を1週間使ってみた感想とか
書きました。

自分はFirefoxのアドオンでSpeed Dialって
のを入れているのですが、こいつはデフォルト
の設定で、ctrlキーと数字キーを同時押し
すると現在のタブに数字に対応したブックマーク
のページを開くようになってます。

間違っておしました、書いたの全部消えました。
またしばらくこのblogの事忘れそう。


昨日でたMageia 1-rcをVMwarePlayerに入れてみたり。
mageia.png

ファイル復旧 [PC]

Linux機(Slackware)でファイルを
誤って消してしまったので、Linux
で使えるファイル復旧ソフトを探して
みた。
PhotoRec
http://www.cgsecurity.org/wiki/TestDisk_Download
上記リンクから最新版のi386 RPMを
ダウンロードして、rpm2tgzで変換
インストール。
端末からphotorecで起動。

前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。