So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Linvo ? [PC]

Slackwareベース(SLAXベース?)のライブCD Linux
Linvo GNU/Linux
http://linvo.org/?page=home

2,3日前にリリースされた Linvo 2009.1 GNOME rc6を起動してみる。
linvog.png
英語環境で起動するが、iBus+anthy(m17n)で日本語入力がデフォルトで出来る。
Firefoxに幾つかのアドオンが最初から入れてあるが、こういうのは止めて欲し
いと思う。アドオンって自分が好きなの使うもんだしさあ。
ハードディスクにインストール出来るが、作者はライブCDで使う事を前提に
している雰囲気(たぶん)
SLAXのモジュール方式と同様、モジュール(lzm形式)を加える事でアプリの
追加も出来るらしい。
ただし公式サイトにモジュール置き場らしき項目があるが、現時点では
 Wine / Firefox / NVidia Video card driverの3つしか見当たらない。
3つしかモジュールが用意されていないのにTop rated modulesとか言って
紹介されてもだな。
ハードディスクにインストールした場合はslapt-get(Gslapt)でパッケージ管理が
可能な模様。ライブCDで起動した状態では/etc/slapt-get/slapt-getrcが存在しない。
かわりにslapt-getrc.newとslapt-getrc.standartがあるのでいずれかをリネームして
使うのかな。
/etc/profile.d/lang.shを開いてja_JP.UTF-8に変更しログオフ
ログオンしなおすと日本語で起動する。
lenvog2.png
端末からlocaleでja_JP.UTF-8になっている事を確認。
がibusが動かなくなった。FirefoxやGeanyで入力しようとしても
 「入力ウィンドウがありません」ってどういう事よ。
ロケールをen_US.UTF-8に戻すとibusで入力出来る。
なんかまずったかな。
まっとりあえずここで一旦終了。

ちなみに作者のwebsiteを覗いてみると
 http://ivogeorgiev.net23.net/
何語だろうと思ってgoogleに聞いたらブルガリア語らしい。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。